こんにちは!

呼ばれてないけどジャジャジャジャーン!

新入社員の瀬尾です。

本日は産休・育休制度についてお伝えしたいと思います!

 

・キングソフトでの産休・育休は?

・取得後の変化は?

・テレワークはどのような影響を与えた?

などなど、

 

実際に取得経験のある社員の方々にインタビューをしてきました!

———————————————————————————-

瀬尾「本日はお集りいただきありがとうございます!

早速インタビューしていきたいと思うのですが、

みなさんいつ頃産休や育休を取得されましたか?」

 

Aさん「2019年の1月から2020年の4月までです。

実は取得は2回目で、2015年10月から2016年4月の期間も取得していました。」

 

Bさん「私も2度取得しました。

1回目は2012年4月~2013年4月で、2016年12月~2018年4月で取得しています。」

 

Cさん「私は2017年5月~2018年4月の期間です!」

 

瀬尾「BさんとCさんは復帰のタイミングは同じだったんですね。

お二人とも同じ部署だと思うのですが、取得前後で業務対応は変化しましたか?」

 

Bさん「時短で時間が限られているので、

タスク・時間管理に敏感になりましたかね?」

 

Cさん「確かにそうですね。

現在は、子供のお迎えの時間があるので、

残業という切り札が使えず、限られた時間内行わなくてはいけなくなりました。

 

どの業務を優先し、どのくらいまで進めれば間に合いそうかなど、

頭の中でスケジュールを立てることが、より重要になったと感じます。

 

たった数分の時間でも、効率よく使うことを意識していますね。」

 

瀬尾「使える時間が短くなる分、通常の時間管理より、

どうやって時間を使っていくかが重要になるんですね。

Aさんはお二人と部署が異なると思いますが、どうですか?」

 

Aさん「もともと私が所属している部署全体の空気として、

業務効率化・業務改善を意識しながらタスクをこなすという自己管理徹底への強い姿勢がありました。

 

定時内退勤を申し出て、残業をしない勤務形態にしていただきましたが、

復職後も責任のある業務を任されて、信頼されるありがたさを感じます。

 

キングソフトならではのスピード感に自身の感覚を合わせられるよう日々必死です!」

 

瀬尾「そうでしたか。

産休・育休を取得しても、問題なく職場復帰できる環境がキングソフトにはあるんですね。」

 

Aさん「その点は全く問題ないと思います。

仕事と育児の両立ができ、とても良い環境だと思います!」

Aさんとお子さん

瀬尾「キングソフトでは新型コロナウイルス対策以前からテレワークを導入していると思いますが、

テレワークのメリットはありますか?」

 

Aさん「コミュニケーションが改善され活性化すること、意識すらされてなかった

妥協的・惰性的なコミュニケーションが見直されることがメリットだと思います。

 

直接顔を合わせないからこそ、

細やかなコミュニケーションをとろうとする意識がチーム内・関連部署内に形成されていて、

ブランクを気にせずスムーズに意思疎通ができました。

 

物理的に距離があることで、だらだらしがちな『悪い意味での阿吽の呼吸』が排除され、

自治管理や依頼時のコミュニケーションが程よく引き締まったことも体感できました。

 

育児休暇中はコミュニケーション不足による復職後追い付けるかどうかが不安要素でした。

しかし、その心配は杞憂に終わりました。

むしろ在宅勤務ではなければこんなに早く馴染めなかったと思います!」

 

瀬尾「確かに僕自身、

テレワークの状況下においてコミュニケーションを取ろうとしている雰囲気があると感じています。

 

新卒同士でも仲良くなれるか不安でしたが、

今では休日に業務以外のことで長電話するほど仲が良いです!

 

ほかの部署ではどうですか?」

 

Bさん「通勤時間分、プラスで働ける部分ですね。

子供の予期せぬ体調不良等で、本来なら休まらなければならない場合でも、

リカバリーできることがあります!」

 

Cさん「特に私は通勤時間が長いので、

テレワークの日は一日最大3時間くらい長く仕事ができるようになりました!」

 

瀬尾「やはり通勤時間がないのは楽ですよね。

逆にデメリットは何だと思いますか?」

 

Cさん「コミュニケーションの機会が減ったことで、少し寂しさを感じます。

業務的にはテレワークでも十分回っていくし、

連絡事項や相談事などのやり取りもほぼ問題なくできる感じはあります。

 

ただ、やはり直接会って『おはよう』や『お疲れ様です』などの何気ない挨拶できることって、

貴重なことだったんだなと思いました。

 

特に家では子供とばかり話しているので、大人との対話に飢えています!」

Cさんのお子さん

Bさん「コロナの自粛期間中に関しては、小学校も保育園も行けなかったので、

仕事しながら、上の子の勉強を見たり、

下の子の相手をしたり、いつも以上に大変でした。(笑)

会議中に子供が乱入したり、迷惑を掛けたなと思います…。」

 

瀬尾「いやーむしろお子さんに癒されていました!(笑)」

 

Aさん「私は『オフィス街のランチ』を食べれなくなることですかね。

赤坂見附にはおいしいランチが食べられるお店がたくさんあるので、恋しかったです…..。」

 

瀬尾「僕たち新卒はまだ赤坂見附周辺のグルメ情報がわかっていないのですが、そんな苦痛があったとは….!。」

 

Aさん「またみんなで行ける日を待ちわびています!」

 

瀬尾「そうですね。僕もみなさんでランチに行ける日を楽しみにしています!

本日はインタビューありがとうございました!」

———————————————————————————-

いかがでしたでしょうか?

 

キングソフトにはママさん社員も多く、色々相談にも乗ってくれます。

「産休・育休」自体も取りやすく、職場復帰しやすい環境があることをお伝えできれば幸いです。

 

また、産休・育休時に利用されることの多いテレワーク制度については

以下の記事で紹介しています!

キングソフト社員に聞いてみました!~テレワークってどう?~

 

以上、産休・育休インタビューでした!