みなさんこんにちは!

キングソフト採用担当のよしおかです。

 

前回のリファラル採用ブログ(https://recruit.kingsoft.jp/2020/04/17_referral01/)に引き続き

営業部でも紹介制度を利用して入社した社員にインタビューしてきました!

 

前回のおさらいです✏

リファラル採用とは、英語のreferral「推薦・紹介する」という意味で

社員に人材を紹介してもらう採用手法です。

 

営業部リファラル採用インタビュー

 

(左)2019年2月入社:営業本部 チャネルDiv. Kさん

(右)2020年2月入社:営業本部 ビジネスソリューションDiv. Iさん

 

■Iさんの仕事内容

ダイレクトセールス部門でパソコンメーカーの担当しております。

オフィスソフト「WPS Office」やセキュリティソフト「KINGSOFT Internet Security」を

いかにパソコンに搭載していただくかがメインミッションです。

前職はパソコンメーカーの購買部門で働いていましたので、コネクションを活かして、メーカーや中小企業様にもアプローチしています。

 

半導体やソフトウェアをメインに取り扱い、企画・立案まで含めて開発も兼任していました。

 

■Kさんの仕事内容

家電量販店向けに販売施策の提案や、売り場のメンテナンスをおこなっています。

商品を手にとってもらいやす棚へ置いてもらったり、新製品の店舗展開の促進をしています。

 

■お二人が知り合った経緯は?

Iさん

Kさんは前職の営業担当の方でした。

Kさんは当時ダイレクトセールスチームに居て、私と同様の仕事をしていました。

パソコンをもっと便利にしたい!という思いから、転職を考えていた時期でもあり、そこでKさんに声をかけました。

 

Kさん

私自身もキングソフトに中途入社しているので、入社して感じたことを率直にお話しました。

ベンチャーならではの風通しのいい社風だったり、自分で働きかけたことがきちんと形や数字になって結果につながる営業としての面白さを伝えました。

ただ指示されことをこなすというよりは、自分で最善策を考えて動くことができることに魅力を感じていました。

 

Iさん

ちょうどキングソフトで採用イベントがあり「実際に来てみて社風を感じてください!」と誘われてイベントに伺いました。

 

■採用イベントに来てみて

Iさん

少し緊張していたのですが、意外と社員のみなさんフレンドリーでしたね。

前職は体育会系の団結力があり、どちらかというと堅い社風でしたが、

キングソフトは社員同士の距離も近く、身内のようでした。

ありのままを見せるところが印象的でしたね。

 

Kさん

良い意味で緊張感を持たないで来てもらえる良いイベントだな、と思いお誘いしました。

 

■リファラル(紹介制度)を利用してよかったこと

Iさん

何よりも「知っている人がいる」という安心感が大きかったです。

入社してからも関係性を0から作るのはなかなか大変だと思いますが、

Kさんのおかげでいろんな社員を紹介してもらえたので、早くに営業部でも関係性の構築ができました。

ガチガチに緊張することもなく、気構えせず、馴染むことができる。

事前にイベントでも顔合わせできたので、すごくよかったと思います。

 

Kさん

専門の知識を持った方が入社され、即戦力としていきいきと働いていることは心強いです。

 

■入社してよかったこと

Iさん

聞いていた通り、自由というより「やりたいです」がという希望が通りやすい。

そういった意味で、挑戦しやすく、今までできなかった未知の分野にも関わることができるので面白いです。

また担当として一貫して企画に関わることができるのが大きいですね。

 

ソフトウェアという側面からパソコンの不便をなくし、キングソフトのミッションにもあるより便利な世の中になっていければいいなと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いかがでしたか?

インタビュー中に出てきた採用イベントの様子はこちらに掲載しておりますのでぜひ併せてご覧ください!

ミートアップイベント開催いたしました!