こんにちは。21年卒の佃です。
今回のテーマは、キングソフトの新入社員向けジョブローテーション制度(通称:ジョブローテ)!

キングソフトでは、新入社員が本配属前に約3か月間、営業や製品本部、バックオフィスなどすべての部署を回り業務を体験します。ジョブローテを行なうことで、話を聞くだけでは分からない、実際の業務を体験することで実業務を学ぶことができます。さらに、全ての部署を経験するため自分の適性を見極め、将来のキャリアを考えるきっかけにもなります。

記事では、そんなジョブローテを終えた感想と、教育担当として指導した2人の先輩社員インタビューをご紹介します。

ジョブローテ、何やった?

私は、4月下旬から営業の部署から製品本部、バックオフィスなどの部署を回りました。製品本部はアプリやwebメディアを主に扱っており、バックオフィスには人事総務やデザイナーの所属するCreative Div.、経営企画などの部署があります。

ジョブローテ中は、各部署で1つ大きな課題が与えられその発表準備を進めつつ、並行して業務を手伝ったり商談に同席したりと実際の業務を体験しました。4月の新卒研修でも各部署の説明は受けるのですが、やはり1~2週間ほど部署を回って体感することで、自分の配属希望を考えるうえでとても参考になりました。

例えば、経理・経営企画の部署では、企業の損益計算書や貸借対照表の読み解き方を教えてもらい、他企業の経営方針について分析しキングソフトに取り入れるべき制度についてプレゼンしました。

発表中の様子

Creative Div.では、Adobe IllustratorやPhotoshopなどのソフトの使い方をイチから学び、記事のアイキャッチ画像や自分の名刺を作成しました。慣れないソフトを勉強するのはと ても大変でしたが、プレゼン資料を作る際にデザインの考え方が役に立っているのを実感しています。

制作したアイキャッチ画像

左端の「受賞のお知らせ」アイキャッチ画像を制作しました

ジョブローテ教育担当の先輩2人に取材!

プロダクトオペレーションDiv. 梅津さん

プロダクトオペレーションDiv. ECチームの梅津さんは、主にECサイトにおけるWPS Office2のマーケティング施策を担当しています。ジョブローテ中は、WPS Office2のECサイトのキャンペーン施策を考える課題を出していました。

――ジョブローテを受け入れた感想を教えてください!

「ジョブローテ期間はずっとリモートだったのもあり、率直にいうと、教えるのが難しかったです。個人的には何でも聞いてほしかったけど、やっぱり声をかけづらいかもしれないと気になっていました

――リモートならではの問題ですよね……。コミュニケーションを取るために、気を付けていたことはありましたか?
質問しやすい環境や雰囲気を作ってあげるようにしていました。1日3回ほど、MTGを開いていましたが、質問がなくてもコミュニケーションが取れればいいと思っていました」

――ジョブローテを受け入れてみて、面白かったことはありましたか?
提案内容を見るときが一番楽しかったです。どういうアイデアがあるんだろう、とか自分だったらどう考えようかな、とか。新卒の子がチームのほかのメンバーに褒められてるのを見るのも嬉しかったですね」

――ジョブローテを振り返ってみていかがでしょうか。
「人に教えることで、自分の業務の再確認にもなりました。ECチームの業務は複雑でどこまで説明するのか悩んでしまうんですが、来年も分かりやすく話しやすい環境を作っていきたいと思いますね!」

AI事業Div. 佐藤さん

インタビュー中の佐藤さん

インタビュー中の佐藤さん

AI事業Div.にて、AIロボットの営業やマーケティング施策を担当する佐藤さん。ジョブローテでは、AIロボットのPR施策のほかにYouTubeやnote企画を課題として出していました。

「ロボットに対する先入観のない中で、アタックする営業先や使い方のアイデアを考えてくれたので、新しい発見もあり参考になりました!新卒2人とも、どんどん質問してくれてしっかりしてるなあと感心しましたね」

――反対に、ジョブローテを準備する中で苦労したことはありましたか?
「フレッシュな意見を聞きたかったので、僕らの考えていることに寄せないようにするのが大変でした。一方で、情報不足になるのも良くないので、バイアスのかかっていない情報を渡すのが難しかったです

――ジョブローテの課題は「ロボットのPR施策」でしたが、どのような経緯でテーマを決めたのでしょうか?
「これまでロボットのマーケティング施策について時間をかけられていなかったので、代わりに考えてもらえるとお互いにとって有意義になるかな、と思っていました。また、ジョブローテ中と配属後でギャップがあると良くないので、実務に近い形で経験してもらいたかったですね」

――なるほど!最後にジョブローテを振り返ってみていかがでしょうか?
「ジョブローテは本配属前に部署希望を出す参考にもなりますし、教育担当としては何か1つでも身についた!と思ってもらえるようなことを教えていきたいです」

最後に

ジョブローテ期間を振り返ってみると、慣れないことばかりで大変でしたが、部署の皆さんがとても優しく自分自身も成長できた3か月間でした!

他の部署の方でも緊張することなく声をかけやすいのは、ジョブローテで全ての部署を回ったおかげだと思います。

キングソフトの採用ブログでは、他にもジョブローテ制度について説明した記事があります。気になる方はぜひご覧ください!