営業

ビジネスソリューション Div.

企業にとって先鋭部門ともいえる営業部門。それはキングソフトにおいても同様で、営業は企業の要。ただ、一口に「営業」と言っても、その役割や、仕事内容は様々。
ここでは、キングソフトにおける営業の仕事内容やその魅力について、営業部門で働く社員へのインタビューを通してお伝えしていきます。

2018年キングソフト入社。入社から一貫して、法人向けライセンスの獲得業務に従事。営業未経験ながら、入社以来、安定した実績を積み上げ、ライセンスチームの中核を担う。

※インタビューは人事総務Div. がお送りいたします

―本日はよろしくお願いします。

よろしくお願いします。

―ご入社は2018年とわりと最近になりますが、まずは入社理由からおうかがいしてもよろしいでしょうか。キングソフトのどんな点に惹かれて入社をされたのですか?

僕は以前の会社では、携帯関連のキャリアさんを主要顧客とする会社でエンジニアをしていました。メーカーさんと日々お仕事をする中で、自社製品を取り扱い、自社製品に誇りを持って働かれているメーカーさんの立場に興味を抱くようになり、メーカーという軸で仕事を探しはじめたのがきっかけです。で、そんな時にたまたまキングソフトの求人を見つけて、自社製品があるし、色々な事業をやっていて面白そうだなと思ったのが理由ですね。

―えっ、今初めて知ったのですが、元々エンジニアだったんですか?

そうです、いわゆるモバイルエンジニアというやつです。知りませんでした(笑)?

―はい、知りませんでした……。ということは、営業経験はなかったわけですか?

ないですね。普段会話をする中で、「うち、こんなこともできますよ」というコミュニケーション程度の営業はありましたが、いわゆる、ちゃんとした形での営業経験はありません。

―いやー、そうなんですね。驚きました。ちなみに、営業といっても会社によって色々なスタイルがあると思うのですが、何か以前の会社さんとキングソフトとで違いはありますか?

うーん、そうですね、まあ僕が見ていた感じではという前提になりますが、前の会社は営業といえでも技術面での知識や、提案能力が問われた気がします。それに対して、今僕が負っているミッションは、法人向けライセンスの獲得なんですが、営業スタイルとしてはパートナー営業というものになります。パートナーさんを通してエンドユーザーに働きかけるという形ですね。ですので、僕にとっての直接的な顧客はエンドユーザーではなくパートナーさんになります。そういう点で、キングソフトにおいては技術的な知識や提案能力よりも、関係性を構築する力や、コミュニケーション力。そういったものが重視される気がします。

―なるほど。確かに、こうしてお話ししていても、すごいお話ししやすいですもんね。
キングソフトの営業の面白さってどんなところですか?

僕が扱っている商材はオフィスソフトになりますが、オフィスソフトは商材としてすごくシンプルなので、提案の仕方がいくらでもあるのが面白味でしょうか。ホームページで売ることも当然できれば、家電量販店を通して売ることもできる。また、展示会などに出品をして売り出すこともできます。流通の選択肢が多い分、企画の幅も広い。それはほんとに面白いと思いますね。

―ありがとうございます。正直、営業職と企画ってあまり結び付けて考えたことがなかったのですが、言われてみるとそうですね。勉強になりました。それでは、最後に、インタビューの終わりっぽく(笑)、今後の目標を聞かせていただけますか?

ざっくりした言い方になりますが、営業以外にも色々な経験をしてみたいと思っています。とにかく新しいことや、挑戦することが好きなので、やったことないこと、たとえばエンタメ事業の仕事だとか、動画制作の仕事とか、そういうのもやってみたいです。この会社は手を挙げたら色々やらせてくれるので、とりあえず言っとこうかなと(笑)。もちろん、営業としてもっともっと実績を積み上げていきたいという思いもあります。

―エンジニアから営業になったかと思えば、動画クリエイターを目指してみたりと、ほんと多彩ですね。でも、営業部門は手離したがらないと思いますが(笑)。
今日は本当にありがとうございました!