営業

ビジネスソリューション Div.

営業社員インタビュー
森田 真理 × 那須 大介

企業にとって先鋭部門ともいえる営業部門。それはキングソフトにおいても同様で、営業は企業の要。ただ、一口に「営業」と言っても、その役割や、仕事内容は様々。

ここでは、キングソフトにおける営業の仕事内容やその魅力について、営業部門で働く2名の社員へのインタビューを通してお伝えしていきます。

森田 真理

2018年キングソフト入社。WPSオフィスの法人向けライセンス獲得を担うライセンスチームを経たのち、デバイスメーカーへの直販等を主業務とするダイレクトチームへ異動。持ち前のコミュニケーション力、育成力を買われ、新卒社員のメンターとしても活動。

那須 大介

2018年キングソフト入社。入社から一貫して、法人向けライセンスの獲得業務に従事。営業未経験ながら、入社以来、安定した実績を積み上げ、ライセンスチームの中核を担う。

※インタビュアー
キングソフト人事総務Div.のよしおかがお送りいたします。

―お二人、本日はよろしくお願いします。

もりた
もりた
よろしくお願いします。
なす
なす
よろしくお願いします。

―那須さんも森田さんもご入社は2018年とわりと最近になりますが、まずは入社理由からおうかがいしてもよろしいでしょうか。那須さんはキングソフトのどんな点に惹かれて入社をされたのですか?

なす
なす
僕は以前の会社では、携帯関連のキャリアさんを主要顧客とする会社でエンジニアをしていました。メーカーさんと日々お仕事をする中で、自社製品を取り扱い、自社製品に誇りを持って働かれているメーカーさんの立場に興味を抱くようになり、メーカーという軸で仕事を探しはじめたのがきっかけです。で、そんな時にたまたまキングソフトの求人を見つけて、自社製品があるし、色々な事業をやっていて面白そうだなと思ったのが理由ですね。

―えっ、今初めて知ったのですが、那須さんって元々エンジニアだったんですか?

なす
なす
そうです、いわゆるモバイルエンジニアというやつです。知りませんでした(笑)?

―はい、知りませんでした……。ということは、営業経験はなかったわけですか?

なす
なす
ないですね。普段会話をする中で、「うち、こんなこともできますよ」というコミュニケーション程度の営業はありましたが、いわゆる、ちゃんとした形での営業経験はありません。

―いやー、そうなんですね。驚きました。ちなみに、営業といっても会社によって色々なスタイルがあると思うのですが、何か以前の会社さんとキングソフトとで違いはありますか?

なす
なす
うーん、そうですね、まあ僕が見ていた感じではという前提になりますが、前の会社は営業といえでも技術面での知識や、提案能力が問われた気がします。それに対して、今僕が負っているミッションは、法人向けライセンスの獲得なんですが、営業スタイルとしてはパートナー営業というものになります。パートナーさんを通してエンドユーザーに働きかけるという形ですね。ですので、僕にとっての直接的な顧客はエンドユーザーではなくパートナーさんになります。そういう点で、キングソフトにおいては技術的な知識や提案能力よりも、関係性を構築する力や、コミュニケーション力。そういったものが重視される気がします。

―なるほど。確かに、こうしてお話ししていても、那須さん、すごいお話ししやすいですもんね。まだまだおうかがいしたいことはあるのですが、森田さんにも色々おうかがいしたいので、那須さん、ちょっとお待ちくださいね。

なす
なす
はい(笑)

―では森田さん、お待たせしました。那須さんと同じ質問になるのですが、まずは入社理由をお聞かせいただけますか?

もりた
もりた
シンプルな理由なんですが、面接での印象がすごい良かったんです。普通の面接は色々と聞かれて、はい終わり、という感じなんですが、そうじゃなく、部門として現在どういう人材を求めているかを丁寧にお話ししてくれました。そして、その面接の中で、メンバーを育成できるミドル層が欲しいと言われ、私はもともとマネジメントに興味あったのと、若手の育成や教育に携わりたいという思いがあったので、会社の求める人材と合致するのではないかと思って入社を決めました。

―そうなんですね。私が面接官だったわけではないですが、面接の印象を誉められると社員が誉めらえているようでうれしいですね(笑)。ちなみに、森田さんは以前の会社でも営業職だったのですか?

もりた
もりた
はい、営業でした。会社はドローンのソリューションを開発しているベンチャー企業だったんです。

―ドローンですか?なんか今時な感じですね。

もりた
もりた
そうですね、事業としては先端だし、面白い感じでしたね。ただ、難しかったのは、前の会社のドローンは、人が足を踏み入れることができないような場所の調査を目的としたドローンだったのですが、まだ市場自体が狭く、活動の量や範囲が限定的だったので物足りなさを感じていました。

―なるほど。たしかに、何となく盛り上がっている感じはありますが、ビジネスになるほど市場は出来上がっていないんですかね。そんなドローン業界から転職された森田さんですが、今はどんなお仕事をされてるんですか?

もりた
もりた
那須さんがパートナーさん向けの営業をされているのに対し、私が所属しているダイレクトチームは、文字通り、法人様向けに直接営業をかけるチームです。そこでの私の役割としては、法人HP上からの問い合わせ対応や、既存顧客への定期訪問、追加発注等の手続き対応をしています。

―そうなんですね。HPからの問合せ対応も森田さんがされてるんですね?

もりた
もりた
はい、今の時代は、HPからの問い合わせや発注もすごく多いので。問合せ対応だけじゃなく、HPの見せ方や訴求の仕方について考えたりもするので、マーケティングチームとの連携もかなりありますね。マーケティングの方に打ち合わせに同行してもらったりということもあります。

―なるほど、他部署との連携もあるんですね。

もりた
もりた
はい、これはどこの会社の営業も同じだと思うのですが、自分たちだけで完結できることってあまりなくて、他部署の方との連携や協力あってこそだと思います。

―そうなんですね。私も少しでも森田さんのお力になれるよう頑張ります!

もりた
もりた
よろしくお願いします(笑)

―これは那須さん、森田さん、お二人に質問なのですが、キングソフトの営業の面白さってどんなとこですか?

なす
なす
僕が扱っている商材はオフィスソフトになりますが、オフィスソフトは商材としてすごくシンプルなので、提案の仕方がいくらでもあるのが面白味でしょうか。さっき森田さんからお話があったように、ホームページで売ることも当然できれば、家電量販店を通して売ることもできる。また、展示会などに出品をして売り出すこともできます。流通の選択肢が多い分、企画の幅も広い。それはほんとに面白いと思いますね。
もりた
もりた
私も、提案というか企画力が試される面白さはすごくあると思います。オフィスソフトの顧客には法人だけではなく、個人のお客様ももちろんいらっしゃるわけですが、そういう方を対象とした場合、4月であれば新しく大学生になる学生さんや、新社会人向けの企画を考えてみたり、夏になったら夏休みを意識した企画を考えたりと、季節や流行にそった動きを考えるのは楽しいです。それと、考えて実施した施策の結果がすぐにわかるのもいいですね。あとは、私はミーハーのところがあるので、顧客に有名企業がたくさんあるのもうれしいです。

―ありがとうございます。正直、営業職と企画ってあまり結び付けて考えたことがなかったのですが、言われてみるとそうですね。勉強になりました。それでは、最後に、インタビューの終わりっぽく(笑)、お二人の今後の目標を聞かせていただけますか?

もりた
もりた
女性の営業職をもっと増やしたいですね。営業というと男性のイメージが強いのかもしれませんが、キングソフトは代表も女性ですし、女性が活躍できる土壌があると思います。そして、私自身が女性社員のロールモデルとなれるよう今後も女性営業として頑張っていきたいです。
なす
なす
ざっくりした言い方になりますが、営業以外にも色々な経験をしてみたいと思っています。とにかく新しいことや、挑戦することが好きなので、やったことないこと、たとえばエンタメ事業の仕事だとか、動画制作の仕事とか、そういうのもやってみたいです。この会社は手を挙げたら色々やらせてくれるので、とりあえず言っとこうかなと(笑)。もちろん、営業としてもっともっと実績を積み上げていきたいという思いもあります。

―女性社員の活躍、いいですね!私も頑張ります。那須さんはエンジニアから営業になったかと思えば、動画クリエイターを目指してみたりと、ほんと多彩ですね。でも、営業部門は那須さんを手離したがらないと思いますが(笑)。
森田さん、那須さん、本日は本当にありがとうございました!