みなさんこんにちは!

キングソフト採用担当のよしおかです。

 

本日はキングソフトのリファラル採用制度をご紹介します!

(撮影と取材は3月に行っています。現在、当社は在宅勤務中です)

 

リファラル…?

あまり聞いたことがないかもしれませんね。

リファラル採用とは、英語のreferral「推薦・紹介する」という意味で

社員に人材を紹介してもらう採用手法です。

 

今回は、実際にリファラル採用を活用して入社した社員にインタビューしてきました!

リファラル採用1

(左)2020年1月入社:デザイナーHさん

(右)2018年7月入社:LiveMe運営Yさん

 

■Hさん仕事内容

製品サイトのコーディング、バナーや印刷物の制作など、当社の製品の制作物を担当しています。

最近では、当社が展開するオフィスソフト「WPS Office」の法人サイトのリニューアル、

LiveMeのイベントページの制作、キングソフト設立15周年の記念ロゴの制作など、

幅広く携わっています。

 

■Yさんの仕事内容

全世界に展開しているライブ配信アプリLiveMeのアプリ運営担当です。

メインの業務は配信者(ライバー)の管理です。

ユーザーからの問い合わせの対応やイベントの企画もおこないます。

 

ライバーさんに好評だったイベントは、ライバーさんオリジナルの写真集イベントです。

撮影スケジュールの調整、見本誌作りなど一連の業務を担当しました。

大手の会社であれば、担当業務が細分化されてなかなか任せてもらえない仕事だと思いますが、

キングソフトでは若手でも、準備から完成まで一通り担当することができます。

毎日が忙しく大変なこともありますが、やりがいがあって充実しています!

 

■お二人が知り合った経緯は?

(Yさん)前職もライブ配信の会社でインターンシップをしていました。

そこでデザイナーをしていたHさんと知り合いました。

 

■紹介に至った経緯は?

(Hさん)就業先が実質倒産状態になったことがきっかけでした。

Yさんとは、もともとプライベートで定期的に女子会をしていて、

そのとき、デザイナーのリソースが足りない話を聞いて、いい機会だと思いました。

 

(Yさん)前職でライブ配信アプリのHさんのかわいいデザインを見ていて、

LiveMeにぜひ来てほしい!と思い、お誘いしました。

 

 

■リファラル(紹介制度)を利用して良かったこと

(Hさん)やっぱり知っている人が会社にいることですね。

何もわからない状態でエントリーすることより、内情を知っている人から会社のことを聞くと、

働いている姿がイメージしやすいです。

 

就職活動をするにあたり、企業研究をすると思いますが、より実態がわかりやすいですよね。

企業のオフィシャルサイトや採用サイト、その他に口コミが書いてあるサイトいろいろ見ましたけど、

本当の会社の在り方はなかなかわからなかったです。

実態を聞いているので、入社してみても、ギャップも生まれにくく、働きやすい環境を実感しています。

 

(Yさん)私は人見知りな性格もあったので、顔見知りの人が入社してきてくれてすごく安心できました。

会社にHさんがいてくれるだけで心強いですね。

 

 

■入社してよかったこと
(Hさん)オフィスソフトの名前は両親も知っていたので、両親は安心だったようです(笑)

オフィスが綺麗なのも嬉しいですね。

 

あとは、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、すぐ在宅勤務に切り替わったのはすごかったです。

 

前職だと、リモートワークをするまでに半年くらいかかるものを、

3日でマニュアルができて、次の週から在宅勤務ができたのは驚きでした。

意思決定のスピードがとにかく速い印象です。

 

その他でいいなと思うのは、相談しやすい環境があることです。

前職はデザイナーはひとりだけの環境でしたが、キングソフトはクリエイティブ勉強会が定期的に開催されています。

各々もちまわりで得意分野の説明をおこなうのでスキルアップにも繋がっていると思います。

 

 

 


 

いかがでしたか?

 

今後は、GW明けの5月8日(金)にオンラインでの会社説明会も開催予定です。

ご関心をお持ちいただいている方は新卒・中途問わずウェルカムです!

皆様のご参加をお待ちしております💻📱

2021年新卒採用 オンライン会社説明会予約フォーム

 

中途採用で募集中の職種はこちらからご確認ください。

キャリア採用