みなさんこんにちは!

生まれも育ちもアメリカで、頭のなかは英語only、松元です。

 

01-intro

 

普段は自社PCソフトのマーケティングを担当してます。が、母国語が英語のため、英語が関わる仕事は何らかの形で携わっています。

そんなこともあって、今回はキングソフトが日本事業を行っている動画配信アプリ「LiveMe(ライブミー)」の本拠地、アメリカに行く旅にお供させていただきました!

 

LiveMeのアメリカチームが主催するアプリリリース2周年記念パーティーである

「Concert at the Castle」

に招待され、日本チームから社長を含むスタッフ数名でお邪魔してきました。

 

今回の出張では、せっかくアメリカへ行く機会なので、パーティー前後の数日間、カリフォルニアをフルで味わってきました。

僕からは出張のレポート@シリコン・バレーをお届けします。

ではではさっそく…

 

 

Apple

 

というわけで、ベイエリア(サンフランシスコやシリコンバレー)にいるグループ企業スタッフに色々と案内してもらいました。

最初の訪問地はAppleの本社があるApple Park(アップルパーク)

 

02-apple1

 

ここApple Park(アップルパーク)ではAppleの新製品や現在の製品を見ることができます。

迷うことなくVisitor Centor(ビジターセンター)へ突撃です。

この建物、全面ガラス張りの壁、木の床と屋根でできていて、いかにもAppleってカンジです。

 

03-apple2

 

04-apple3

 

このVisitor Centor(ビジターセンター)は3つのエリアに分かれています。

一つは、カフェコーナー。訪れた人たちはここで飲み物などを摂ることができます。もう一つはApple Park(アップルパーク)全景がわかる大きな模型のコーナー、最後の一つはアップルストアになっています。

 

cof

 

アップル製品はアップルのロゴ入りTシャツ(アップルの訪問記念のため?)やアップル製品があります。

Apple Park(アップルパーク)の模型は単なる模型ではなく、とても臨場感あふれるものとなっています。スタッフに促されて、iPadを通してこの模型を見てみると実に生き生きとしたものに見えるのです。なんというか、ドローンで施設周辺を飛んでいるかのような感覚になります。

 

06-apple5

 

07-apple6

 

上述した3つのエリアに加えて、建物の上は開放デッキになっていて、生まれ変わったApple本社のメインビルが一望できます。デッキもシンプルでおしゃれ!天気のいい日にここで作業や会議を出来たらはかどりそうですね。

 

08-apple7

 

09-apple8

 

残念ながら紹介なしではApple本社内には入れないので、Appleを楽しめるのはここまです。それでもけっこう楽しめます。

 

 

Facebook

 

次はFacebookです。

今回はちょっと特別で、現地スタッフの知り合いがFacebookで働いているのです!

そういうわけで、ちょっとしたVIP感覚で、ゲストとしてセキュリティを通過してガイド付きミニツアーをしていただきました。

 

10-facebook1

 

第一印象…働く場のはずが、開放感MAX

(これはずっといたいと思ってしまうぞ!)

 

11-facebook2

 

主にキャンパスの中心部、あるいはメインストリートを見学。まるで実際の町のようです。レストラン、フードトラックなどが至る所にあります。しかも社員ならみんなタダ!(うらやましい!)

 

12-facebook3

 

ソファやベンチなどが外に置かれているので、社員は好きなときに開放的な場所で仕事もできるしリフレッシュもできる環境です。

 

13-facebook4

 

これで満足してはいけません。ガイドしてくれた社員の方が大好きだというレトロ・アーケード(ゲームセンター)を紹介してくれました。

 

14-facebook5

 

15-facebook6

 

このゲームセンター、最新のものや懐かしいアーケードゲームが置かれているのです。おまけにこれまた全部タダ!いくつかのゲームは日本人でもよく知っている格闘ゲームやダンスゲームも。

 

最後に、入り口付近でベタベタな写真を撮ることに。

 

16-facebook7

 

すごいなぁと思ってFacebookを去るわけですが、我らがメンバーの一人は猛烈なショックを受けておりました。どうやってこんな開放的な空間でせっせと皆さん働けるのでしょうか?

でも忘れてはいけません、ここはシリコン・バレー。

IT企業の聖地でもあるここには世界中からエリートが集まってくるのです。自由な環境に甘んじることなく自らを律して最大のパフォーマンスを発揮しているのですよ。

短い訪問でしたが、学ぶものは多かったです。

 

 

Google

 

次に向かったのはGoogleです。ここはショップに立ち寄る程度の短い訪問です。

 

17-google1

 

ここは一般開放されている場所:Google Merchandise Store

 

cof

 

このストアには観光客向けのお土産がいっぱい。

見るものはそんなに多くないのですが、店の中心に置かれていたGoogle Mapの巨大な設備はなかなかのものです。日本にある会社のビルを探してみました。

 

19-google3

 

このショップのすぐ外にあるのが「Google Android Lawn Statues」というエリア。訪問した人たちはアンドロイドのキャラクターたちを楽しむことができます。

 

21-google5

 

20-google4

 

この緑のキャラクターの名前を知っていますか?見たことがある人は多いと思いますが、名前を知っている人は少ないと思います。名前は「Andy(アンディ)」と言われることもあるそうですが、実は間違い。本当は「Bugdroid(バグドロイド)」というそうです。

 

22-google6

 

 

Cheetah Mobile

 

さてさて、次はCheetah Mobile(チーターモバイル)です。

 

23-cheetah1

 

ご存じの方もいると思いますが、「Piano Tile」や「Rolling Sky」などのカジュアルゲームアプリ、「Clean Master」のようなユーティリティアプリを出している会社です。

昼時に訪問したこともあり、あまりスタッフと会えなかったのですが、なかなか素敵なオフィスを見学することができました。

 

24-cheetah2

 

25-cheetah3

 

どの会議室も有名なヒーローキャラクターをモチーフにしていました。素敵ですねー

 

 

Seasun

 

最後に訪れたのはSeasun Inc.です。

Seasun.Incはキングソフトのエンタメ部門のゲーム会社です。

 

オフィスはビルの最上階!

受付以外はフロア全体が薄暗く、比較的静かです。カリフォルニアは外の日差しがきついのですが、カーテンで室内全体が暗くなっています。もしかするとゲームのグラフィックなどをきちんと確認するために少し暗くしているのかもしれませんね(たぶんですけど)

静かなオフィス内をぐるっと回った後、バルコニーに出てしばしまったり。

 

26-seasun1

 

右側は湖です。綺麗ですねー

爽やかな風と照りつける太陽の日差しで穏やかです。

「こんな環境で働くことができたら…」と、ついつい考えてしまいます。

しばし話をしたあと、空港へ向かう前に食事を摂るべくオフィスを離れました。

 

27-seasun2

 

いざロサンゼルスへ!

Kenのロサンゼルスレポートは、こちらから。